スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

基本

どーも
先日指導が終わった後に練習生が『ストレッチはどうやればよいのですか?』
と聞いてきたのでその時のお話です

皆さんお家でどのようにストレッチをしてますか?
その人曰く、各部位を10秒くらいやって終わりだそうです。

私は医学的にも解剖学的にもど素人ですので経験論ですが
ストレッチの効果を出すには時間をかけなければなりません。
10秒というのは私の中では準備体操です
ただし部位にもよりますが・・・

腿の裏を伸ばす場合は限界状態で10~15秒で良いと思います。
例えば↓
縦開脚

横開脚の場合は1~3分かけても良いと思います。
その場合はまず足を左右に開いて痛いところに来たら軽く左右に体を振ります。
たまに止まったり、軽く前に倒したりしていると、痛みが軽くなります。
そうなったらさらに左右に足が開きます。
これを繰り返し行う事で徐々に開度が広がります。(もちろん限界はありますのでやりすぎないように

時間をかけない(10~15秒)場合は2回やることをお勧めします。
例えば先ほどの縦開脚も私は1回で終わらず2回やります。
理由は2回目の方が開くからです。1回目は準備体操のようなものですね

私の感覚では1回で終わってしまってはストレッチの効果は薄いと思います。むしろほとんど無いと言えます。
2回目にこそ本当の自分の限界に挑む事ができます。やったことの無い方は是非試してみてください。
例として左右開脚1回目と2回目の写真を載せます。
私の場合は1回目はとりあえず開いたところで左右、前に体を倒します。
そして休憩がてら他の部分(例えば縦開脚)をストレッチさせて、2回目突入~

1回目↓
1回目

2回目↓
2回目

スポンサーサイト
プロフィール

岸玄二

Author:岸玄二


第15回全日本大会

型1段の部 3位

2004年 世界大会 (in korea)

ライト級組手・型1段の部 日本代表

第16回全日本大会

ライト級優勝

第14回世界大会選手選考会

ライト級優勝 型1段の部 準優勝

2005年 第14回世界大会 (in Germany)

ライト級組手 日本代表

第15回世界大会選手選考会

ライト級優勝 型一段の部 優勝
 
2007年 第15回世界大会

日本代表 ライト級組手 型1段の部 第3位

第16回世界大会選考会

ライト級優勝 型二段の部 優勝

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。