FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

怪我

こんばんは

最近左右開脚のコツを掴んで楽しくストレッチしていたら2週間ほど前に股割りが出来るようになりました

ここに至るきっかけになったのはとあるストレッチDVDの購入でした。いろいろ参考になる部分や自分が思っていた事が理論的に正しいことが分かり、実践していった結果、割れました

しかし、

これで子供達に股割りの見本が見せれると思い、道場にて見本を見せたところ

『先生、もう一回もう一回』

と感動したようにおっしゃるので、三回もやってしまいました。

そしたら三回目に私の右内転筋に激痛が

やはりやり過ぎは良くないですね。

あれから二週間開脚できずにうずうずしています。

治ったらまたやり方書きますね
スポンサーサイト

右ストレート

今日はストレッチとのからみは少ないですが右ストレートの話をします。

世界選手権の1ヶ月前から岐阜のキックボクシング道場『士心館』にお世話になり、練習させていただいていました。

元日本ランカーや新空手の日本一の方達とのキックのスパーは非常に新鮮で、毎日顔にあざが出来るほど痛い目を見てきました

その中で面白いなと思った右ストレートの話。

パンチをある程度練習するとオーソドックスに構えた場合、左の方が相手に近いので左の方が遠くに届くという認識になっていきます。

実際ボクシングなどを経験された方は同じ思いがあるのではと思いますが、実は右のほうが遠く届くそうです。

聞いた時は『うそでしょ』と思いましたが実際にやってみると不思議と右の方が遠くに届くのです

DSCF5018.jpg
↑左ジャブ 壁に届いていません。

DSCF5019.jpg
↑右ストレート 壁に届きます。

理論的に考えると、パンチを打つ時は必ず軸となる足は前足になります。オーソドックスの場合は左足。
この軸を中心に円運動にてパンチを打つので当然軸に近い左手は遠くに行きません。

DSCF5016.jpg

それでもなぜが実戦では右は当たらないんですよ

理由は右手は顔より後ろにあります。なので打ちに行った時は拳より顔が露出しやすいです。
その瞬間にカウンターをもらいやすいということです。

しかし今行っている練習はマススパーなので本気で打ちに行けば、そんなにカウンターはもらわないから気にしないで。とのこと。

そこで教わった右ストレートの練習方法をお教えします。

脇が空くと手と顔が離れるため攻防一致のパンチは打てません。正しい軌道を得るために壁を使って練習します。

DSCF5013.jpg
↑壁にこのように張り付いて

DSCF5014.jpg
↑壁にぎりぎり触れないようにストレートを出します。

このように練習すると良いそうです。

おしまい


プロフィール

岸玄二

Author:岸玄二


第15回全日本大会

型1段の部 3位

2004年 世界大会 (in korea)

ライト級組手・型1段の部 日本代表

第16回全日本大会

ライト級優勝

第14回世界大会選手選考会

ライト級優勝 型1段の部 準優勝

2005年 第14回世界大会 (in Germany)

ライト級組手 日本代表

第15回世界大会選手選考会

ライト級優勝 型一段の部 優勝
 
2007年 第15回世界大会

日本代表 ライト級組手 型1段の部 第3位

第16回世界大会選考会

ライト級優勝 型二段の部 優勝

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。